建売住宅を購入する場合 | 見た目も機能もこだわろう|注文住宅で理想の家にしよう

見た目も機能もこだわろう|注文住宅で理想の家にしよう

住宅模型

建売住宅を購入する場合

値引き交渉のポイント

住宅

愛知県豊橋市で家を持ちたいとか、実際に新築の建売住宅を買おうと考えている方、できることなら少しでも安く購入したいですよね。もちろん値引きの交渉は遠慮せずやってかまいませんが、交渉を成功させるポイントがあります。それは、売り出されてからどれくらい経っているかです。売り出されてすぐなら売る側も大幅な値引きはしませんが、いつまで経っても売れない物件となると値引きしてでも売却したいとなるからです。またこの時買う側も、どのくらいその物件を欲しいと思っているかを示しましょう。「いくらまでなら値引き可能か」と聞くよりも、「この金額なら買います」と具体的な額を示す方が売る側にもその意欲が伝わるので、交渉も成功しやすいです。家を買うのは一生のうちに何度もあるものではありません。豊橋市で新築購入を考えている方、素敵な物件が手に入るといいですね。

諸費用

実際に一戸建てを新築で購入することを検討していて、豊橋市で新しい生活を始めるとなると色々とお金もかかります。その中でも家は安い買い物ではありませんし、ましてや新築なので失敗したくありませんよね。そこで新築建売住宅の諸費用について、注意しておくべき部分があります。一般的な目安として売買代金に対して諸費用が、仲介手数料が必要な場合6%から8%、仲介手数料が不必要な場合3%から5%、これらの範囲内に収まっているか確認してみてください。そして、諸費用の全項目とその概算金額を記した書面をもらうようにしましょう。これは本来売買代金に含まれているべきものが別途請求されていないか、また相場よりも高い値段がつけられていないかのチェックをするためです。諸費用の項目の中には、自治体によっては請求される、されないの違いが出るもの(例えば水道分担金など)があるので、豊橋市で新築購入を考えている方はそのあたりも確認しておきましょう。